アロマテラピーに関心がある人なら、基礎から学べるスクールへ

古来から、植物の香りにはストレスをやわらげる効果があるといわれています。
また、植物に含まれる独自の効能には、私たちの心身を健やかにする働きもあります。
そんな「アロマテラピー」を生活の一部に取り入れる人も多く、アロマについて基礎から学べるスクールも人気です。

「アロマテラピー」には自然治癒力を高める効果がある

アロマテラピーは、ひとことでいうなら「自然療法」です。
「自然療法」とは、本来、私たちに備わっている自然治癒力を高めることによって、病気を予防したり、回復を促したりする方法です。体質の改善をはかったりする効果もあります。
アロマテラピーは、植物から抽出した香り成分を使って心と体の状態を整えます。また、医療に役立つだけでなく、美容効果や健康維持、リラックス効果もあります。
「エッセンシャルオイル」という言葉を聞いたことがありますか。
この香り成分のことで、精油とも呼ばれます。エッセンシャルオイルの代表にはラベンダーが有名です。他にも、ペパーミントやスイートオレンジなど30種類以上あるそうです。
詳しくは、アロマテラピーのスクールで学ぶことができます。

自宅でアロマを楽しむ方法

アロマテラピーのスクールに行く前に自分で試してみたいという人なら、精油を使って、自宅でも簡単に楽しむ方法があります。
たとえば、湯をはったバスタブに精油を数滴落とし、入浴する方法。入浴と精油のダブル効果で、心身ともにリラックスでき、疲れが解消します。足湯や手を浸すだけでも有効です。
また、気に入った香りの精油をハンカチやティッシュなどに数滴たらして枕元におくだけで、リラックス効果が得られ、ぐっすり眠れます。
エステなどでは肌にスチームを当てますが、スチーマーがなくても簡単にできる方法もあります。
洗面器などに湯をはり、精油を1?3滴入れかき混ぜ、蒸気を顔に当てます。このとき、蒸気が逃げないようにバスタオルなどを頭からかぶるのがコツだそうです。肌の血行が良くなり、肌のうるおいも促進されます。

アロマのプロを目指すなら「アロマテラピー検定」を

アロマテラピーには、ほかにも吸入したり、塗布したり、トリートメントなど、さまざまな方法があります。
アロマテラピーのスクールでは、これらアロマテラピーについて基礎からじっくり学ぶことができます。精油の種類や効能、効果的な扱い方や手作り化粧品、マッサージ方法など、幅広い知識が身につきます。
さらに、アロマに関する技能を学びプロとして働きたいという人には、「アロマテラピー検定」で資格取得を目指すことも可能です。
また、近年、アロマテラピーは介護や福祉の業界でも注目を集めています。心地よい香りは高齢者に癒し効果をもたらします。病院などのボランティア活動の一つにアロマを取り入れて、患者さんの心身の健康に役立てているケースもあるようです。