納得したアロマテラピーのスクールを選びましょう

アロマテラピーとは、アロマは芳香、テラピーは療法の意味を持つ2つの単語を合わせた造語で、その意味の通り芳香療法のことを言い、植物の持つ有効成分や香りにより自然治癒力を高め、健康維持や疲労回復などに有効的でそれを習得するのがアロマテラピースクールです。

活用する目的を明確にすることが肝心

アロマテラピーをこの先何に活かしたいかにより、必要な知識や技術も大きく変わって来ますので、自分がアロマテラピーを趣味として楽しむや販売したい、講師として活躍したいなどの学びたい理由から目的を明確にすることが重要です。
アロマテラピーを活用してアロマテラピストを目指す場合でも、癒しのためにアロマテラピーを提供したいや、医療に携わりながら心身のケアとして行なうなどによっても方向性が異なります。
アロマテラピーでは、協会や認定資格が統一されていないため、多くの団体や資格があり、アロマテラピストとして活躍したい場合には、日本アロマ環境協会(AEAJ)やナード・アロマ協会(NARD)などに認定されたスクールに通って協会に入って資格を取得する必要があります。

協会によっても強みが違う

3つのアロマテラピーの協会それぞれ特徴も異なり、日本アロマ環境協会(AEAJ)は協会の中で最も会員数が多く、知識と技術のバランスが取れており、1級のアドバイザー資格を取得するとさらに上級資格を目指すことができます。
ナード・アロマテラピー協会(NARD)は、アロマの精油や症例などの優れた研究実績を誇りより多くの専門知識が習得でき、日本アロマコーディネーター協会(JAA)は、特に実技に強くピラミッド構造を採用していないため、資格試験に自由にチャレンジできるのが特徴です。
それぞれの独自の特徴を持つ協会が認定したアロマテラピーのスクールに通うことで、協会の会員となり専門知識や技術を習得することで、アロマテラピストとして活躍が期待できると言うことです。

スクールの特徴も把握し入学しましょう

協会ごとにアロマテラピーのスクールがありますのでこれからスクールを探す方は、スクールがどの協会に所属しているのかやそのスクールごとの特徴も知っておくことも大切です。
基本的には、協会のカリキュラムをもとに指導を行なっていますが、スクール独自のカラーやスタイルもさまざまなため、専門知識や実技の習得のために、実践的な授業についてもどのようなことに重視しているかなどもスクール選びの判断材料のひとつと言えます。
スクールのホームページやカタログなどの資料をはじめ、協会が出版している書籍なども参考にし、学ぶ雰囲気も重要なポイントですので、体験入学を活用し、実際の授業風景を見てみるのも手段です。
また、学費についてもアロマテラピーのスクールにより異なるため、自分が納得できることを第一に考えたスクール選びが望ましいでしょう。